2012年03月27日

ちょーじさん。2

ちょーじ、という猫は
我が家の飼い猫でありつつ、ながーく預かっている猫でもあります。
この春にちょーじのみ引越しという計画があり
『とりあえずこの傷が治ったら』話し合いをする予定でしたが・・・
これが治らないどころか、という事態(□`)

そして相談するなかで、本当に手術が必要か?
このままでいることとどっちがリスク高いの?
結局正体はなんだったの??と疑問が出てきたので
(先日来院したときは帰りがけに『一応覚悟しておいて』と言われて
母としょんぼりしながら帰って時間経って少し冷静になってやっと;)
今一度、次の土曜に病院の先生に話を聞きに行こうと思います。

それから、今日ちょーじを観察していて確定したこと。
エリザベスカラーをつけたままあちこち舐めようとして、
傷口にエリザベスカラーがこすりつけられ、
かさぶた(膿でふさがっているだけのもの)がポロリと取れました。
傷口を舐めないようにするのが目的なのに、
傷口をガンガン削るようにこすっていては・・・全然だめじゃないか!!(□`;)
この対応をすべく、母に挑戦してもらっている保護服作りを進めていかねば!

私の方はごはん作り。
今日は、
・純缶まぐろ荒削り
・わかめ、さつまいも少々
を多めのお湯で溶いた手抜きスープ。
純缶は、いつも粉薬を飲ませるために混ぜているやつ。
今朝は薬をまぜたときにお湯を少しいれてゆるめておいたら
すぐではないけど完食。
夜は先に薬だけスポイトで飲ませ(超嫌がる)、
薬抜きならがっつくかしら?と思ったのだけど・・・ダメー。
ちょっとだけかつおぶしをふったら、少し食べたというか・・・ほぼかつおぶしのみ(笑)
欲張らずまだ他のものを混ぜちゃだめかな〜。


posted by すおー at 23:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。