2012年08月13日

非電源ゲームプレイメモ

今月は非電源ゲームの会に2つ参加。
遊んだものプレイメモ。
そういえば写真、いちまいも撮ってない・・・。


■第80回 TROY-HORSE CONVENTION
トロイホースさん主催のコンベンション。久々の参加でした。

・街コロ
自分の街を発展させていく、カードゲーム。
お金を稼ぎながらお店を建てて街を育て、大きな4つの施設を全て建てたら勝ち。
評価高いゲームだよーと聞いていた通り、なんともセンスの良いゲーム!
思わずじっくり見ちゃうイラストと見やすいデザインってだけでなく
ルールもすんなり入ってくる。自分の好みの店ばっかり集めたよ!
こういうの、描きたいっ カードゲームのサイズって良いサイズよね〜。

・東方数天録
東方の二次創作カードゲーム。
1〜7の数字カードを集めるために、攻撃して盗んだり、防御して跳ね返したり。
東方キャラはなんとなーくしかわからないけど問題なく、
気軽に遊べる内容でした。きっとキャラの特徴が出てたりするのだろなぁ。

・歌って♪ ボーカロイド
ボカロの二次創作カードゲーム。
ポーカーのように手札をそろえ、役をどんどん作り点数を稼ぐゲーム。
とにかくイラストが可愛い!そして遊びやすい!
運要素が強いほうがあまり頭使わず、自分にはよいかも・・・。

・シンデレラガールズカードゲーム(テストプレイ)
お世話になっているこげこげ堂さんの、アイマスシンデレラガールズの二次創作。
ゴハンズメンバーもちょこっと参加してます。
アイドルを育てお仕事をこなし、衣装を集めていくという
『原作に忠実に』のコンセプト通り、・・・知らない人お断り感が強く。
ルールをしっかり理解することも私には難しく、脳が崩壊しました(□`)
シンプル版も作るということなので、出来上がったらまた挑戦よ!

・爆弾マフィア
こちらはトロイホースさんの、さっくり遊べる簡単カードゲーム。
各プレイヤーが持たされる『鞄』の中身が爆弾か空っぽかダイヤモンドで
手札を使って別の人に爆弾を押し付けるゲームです(笑)。
いちばんダメージ高い爆弾が今誰のところにあるかを見極められるかがポイントですね!


■ボードゲームチャンプルー2012夏
京都のアートワーク展で知り合った薫風さんのお誘いで参加しました。
知らない人がァァたくさんいるゥゥゥと緊張しながら。
でもみなさん明るく優しく接してくれて、あわあわしつつどうにかこうにか・・・!
外国のゲームが多い印象でしたね。
以下調べつつ感想など。

・FABFIB(ファブフィブ)
イタリアのゲームのリメイク版だそう。
シンプルながら考えられたカードデザインは感心するばかり。愛嬌たっぷりのキャラクターも良しっ
3枚のカードの数値を少しずつ高くしていくのだけど、低くなってしまうこともあるので、
そこを見破られないようにお隣の人を騙しながらまわすカードゲームです。
「これどっちにしろ大ダメージじゃん!」を一回くらってぐぬぉぉってなりました。
なにさどくろマーク7つって!!←チェンジして5で抑えられたものの。。。

・BAUSACK(バウザック)
ドイツの積み木ゲーム。ルールがいくつかあるのだそうだけど、基本は塔を作ること。
今回は『ノックアウト』という、ブロックを競りで獲得したり押し付けたりするルールでプレイ。
たくさんあるブロックの形が意地悪で、いらない積み木を避け、
引き取らねばならない状況でも対応できるよう先を見越した土台作りをする、
単純に積むのではなくなかなか戦略が必要なルールでした。
単なる積み木としても充分遊べるので、ルールを変えて幅広く遊べるなと思いました。
そんな形積めないよ!→そのへこみ利用して・・・?→まだ積めたー!!
とバランスとりつつなぜか積み上げられ、芸術作品が生み出されたりしました。
私は・・・最初こそ難を逃れてましたが、
とてもつまらない積み方をしてとてもつまらない崩れ方をしました(□`)
ちぃとも盛り上げられないヨ!ゲーム自体はとても楽しいけれども!

・Barbarossa(バルバロッサ)
ちょっと変わったドイツのボードゲーム。リメイク版である円形バージョンで。
それぞれが思い浮かべたお題を粘土で『わかるようなわからないような』形で作り、
ヒントを得ながら当てたり当てられたりして得点を稼いでいくゲームです。
最初のお題こそ思い浮かばず開始早々「もうやだ('A`)」って思いましたが(ぉ)、
始まったら・・・なにこれなんの形なの!?ヒント貰ってもわからない!!の連続で
すごくおもしろかったです!
当てた証明として粘土に矢を刺すんですが、この姿もまたイイ。だいたい大ウケ(笑)。
当てたかったなぁー、アメフラシ。どんどん割り込むべきだったなー!

・Lixo?(リサイクル)
ポルトガルのゲーム。・・・を都合上最初の説明だけで。
私がルールをつかめずまごついている間に終わってしまったのでどんなゲームかわからなかった!
ゴミをどんどこリサイクルしていくそうな。
線画のイラストが良かったなぁー。全部見たかった。卵パックがかわいらしかったなぁ。

・Dixit ODYSSEY(ディクシットオデッセイ)
ディクシット、ディクシット2の続編。フランスのゲーム。
カードには、絵本の表紙のような意味深でちょっとシュールなイラストだけが描かれており、
親は自分で考えたタイトルに合うカードを、
子は手札の中からそのタイトルに合いそうなカードをそれぞれ裏返して出し、
ランダムで並べ、親が出したカードはどれか?を当て、点数を稼ぐゲーム。
とにかくイラストカードがたっっっくさんあって、
どれも一枚ずつじっくり見たかった!←あまり見てるとバレそうなので見れなかった
とても遊びやすくてこれは自分的に辛くないゲームでした!まぁ、勝てないんですけどね。

・うそつきばかり
京都のアートワーク展でご一緒している宇佐美詠子さんがロゴデザインを担当されている、
中身の見えない2つの袋に入ったチップの枚数を推測するゲーム。
黒い袋から白い袋へチップを移動し「黒いほうが重いですよ☆」って言いながら他プレイヤーへ。
それを受け取るか、受け取らないか。いかに相手を上手く騙せるか。
はーい、あっさり負けましたヨ(□`)
パッケージの袋はミシンでひとつずつ縫い、チップは一度すべて手洗いという
見た目ではそんなことを感じさせない手作りっぷり!すばらしいしごとですね。

・DIVINARE(ディビナーレ)
あなたは有名な霊媒師!どのカードが何枚あるか・・・わかりますよね?霊視できますし?
という、4種類のカードが何枚あるのか予測して賭けていくフランスのゲーム。
私は参加せず眺めていましたが(こういうほうが本当は助かるひと)、
参加したむしくん(カレセンゆえおじいちゃん霊媒師を選ぶひと)は終始がんばっておりました。
しかしこれは覚えていくのが大変そうだ・・・!
リアルタッチで描かれたイラストとアイテムひとつひとつのデザインがすごく綺麗でした。
次のゲームのため、途中で離脱。

・MOGEL MOTTE(いかさまゴキブリ)
場に出ている数字に続くよう順に出し、最初に手札が無くなったひとが勝ち。
というとても単純なルールのドイツのカードゲーム。
なのですが・・・このゲーム最大のポイントは『手札を減らすためにいかさまをして良い』ということ。
捨てても隠しても、そっとカードを重ねて出しても、
とにかく警備役の人に見つからなければ何をしてもOK!
タイトル通り、いくらいかさまをしてもいいゲームです(笑)。
全然騙せないし捨てられないし!負けっぱなしよ〜〜


まとめ。
つくづく・・・盛り上げられない!しゃべれない!騙せない!!
だいたいのゲームが推測と騙しあいなので、なかなか厳しかったですね。
ノリ良くできるといいのだけど。私には難しくて。
勝てないから嫌っていうのではなく、うまくゲームを楽しめてない・・・気が。。。
などと変なこと気にしちゃうので、そゆのがない方がドキドキせず安心して楽しめます。
なので人狼がいちばんニガテ。ニガテっていうか、混ざりたくない(□`)
ゲームは色々やってみたい・知りたいって思う反面、
やりたくないゲームもこれから出てくるのだろうなぁと思うと
これは耐えねばならぬ試練か。。。と、もやもや考えます。
絵を描くことでゲーム作りに参加できる喜びを知ってしまったのだから。もっと勉強が必要です。
posted by すおー at 23:58| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする